« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

トムトム・ブー を借りる

市の中央図書館。

15:30から5冊ほどの読み聞かせ。

親はお部屋に入ってはいけないので、にいにいを掘り込んでこの先2週間分の本を物色。

暴れまわるちっちゃいのを無理やり押さえつけつつ、探すのだけれど。

広すぎてミツカラナ~イ(><)

借りた本。

「ちいさな きしゃ」 作・絵五味太郎

「くまちゃんとうさちゃん けんかしても」 そうまこうへい

「トムトム・ブー とべたよとべた」 キヨノサチコ(ノンタンで有名)

「ウサギのダンス」 彩樹かれん

「きいろいふうせん」 志茂田景樹(もしかしてあの人ですか)

「おらうーちゃん」 工藤 ノリコ

「ぼくSLにのったんだ」 わたなべしげお

昔話は避けています。えぐいのが多いので。

もう少し大きくなってからでないと、死や罰・罪・人の業なんかは難しいし刺激的過ぎるかなって、考えています。

外国の絵本は抽象的な絵がなんとなく興味がないようなので、こちらも様子見。

うちにおさがりでいただいた「宝島」があるのだけれど、銃で撃って殺して宝を得るお話よね、アレは。2,3歳向けの絵本にするのはどうなんだと思う。「宝島」や「トムソーヤ」といった昔の名作や日本の昔話って、色々な思考力がついて多角的に話を考えるようになってからオリジナルに近い長いままの本で読まないと、残虐なところだけが子供の心に焼き付いていくのではないでしょうか。

10ページほどの絵本にしてしまうと、オリジナルに記された深い内容や作者の訴えたいこと、作者が描きたかった背景・世界なんかが全部吹っ飛んで、出来事だけが伝わってくる。

本を選ぶって、色々な意味で考えさせられる。

吸収しやすい時期だからこそ、十数ページの世界を制限したくないな。本人が何かを考えて、感じて、楽しんで欲しい。広がりのある絵本を出来るだけ選んでいきたいな。

ところで「トムトム・ブー」シリーズは確保が難しいわ。恐るべきNHKの力。

| | コメント (2)

園長先生の力。

今朝は、2度目のはるかぜクラブへ。

グズグズだった兄ちゃんの様子は書くまでもないので、置いといて。

今日行ったほうの幼稚園は古い幼稚園。

園長先生が保護者に向けてお話された内容に、感心。

園児とクラブの子供達は一緒に園庭で遊んでいたのですが、お片づけののことで、一言。

「自分が使っていないおもちゃでも、お片づけの時間には一緒に片付けに参加してください。もちろんお母様も。子供達が幼稚園に上がると『ぼくは私は使っていないから片付けしなくていい』と言い出します。ですので、使っていないおもちゃでもみんなで一緒に片付ければ早く次のことができると園では教えています。」と。

こちらの幼稚園は本当に園長先生のカラーが出ています。

しつけ・けじめ・マナー・・・。

今時の流行に押されがちゃがちゃした雰囲気の中で流れ作業のように一日の用事をこなし楽しければいいのとは違い、古きよき時代の厳しさを持った幼稚園。

もう一つの幼稚園と比べて、園長先生の教育の力をひしひしと感じました。

| | コメント (0)

ママのアルバイト。

日曜日だけ復帰しました。

学生時代からもう義務教育より長い間続けていることになる。

辞めたり休んだり、5年に渡る家出の果てに結婚したり子供産んだり、大学退学したり、いろいろ、あったな。ほんとにいろいろ。

配膳をしています。

結婚式場やあちこちのホテル、お船、ゴルフ場、レストラン・・・。

さっきまで、旦那の会社のことで旦那が愚痴っていたので相談に乗っていたのだけれど、ふと、あ~あたしって、いろんなこと考えて、いろんな思いをして働いてきたんだな、って嫌なこと色々思い出してしまいました。

若い頃、3つのバイトを掛け持ちして睡眠1時間なんて日々を過ごしていました。配膳して、キャバクラ行って、ファミレス行って、また配膳。無茶苦茶していた辛い日々。

バイトから帰ってきて、子供を抱きしめると、「幸せだな」って本気で思いました。

誰かのために働くって、いいですね。働きに出たくはないけど、ただ自分のためだけに働いていた頃を思い出すと、帰る場所があることが本当に救われます。

| | コメント (4)

携帯電話・・故障か?!

です。

えーとですね。

送信は出来るんです。だから、料金未払いではありません。

受信が出来ないんです。

で、113へ。

「もしかして、古い携帯電話の電源を入れていませんか?」

「はい(*--*)」

「電波障害です。」

ごめんなさいです。

古い携帯をそうとは知らずに子供達の遊び用にバッテリーを充電していました。

その数5個。

一番古いのは・・・白黒。--;

J-フォンって、書いてある。

そんな時代もあったのね。

話変わって、

旦那が事故りました。

人身事故。今月2度目。

お払いしなきゃ。それ以外の問題だけど。

| | コメント (0)

ベビーカーの事故。山手線の。

JR山手線でベビーカーが電車の扉に挟まれ、負傷者が出ましたね。

韓国で以前同様のケースがあったのですが、うちでは、JRを信用していないので、ベビーカーは子供が寝てしまっているとき以外はたたんで乗るようにしています

でも、一度、あったのですよ。私も。

JR元町駅で列の最後に廻って、パパがベビーカーを担いで電車に乗り込んだその時、突然ドアが閉まり、ベビーカー挟まれたのです。

それも、ちっちゃいのが座っているその部分が、外向きに。

そして、電車はそのまま発車。

幸いホームに居合わせた男性二人が、ベビーカーを押し込もうと騒いでくださったので、5Mほど進んでとまりました。

血の気が引きました。

「なんで?!!」

JR元町駅はホーム自体がカーブしていて、普通にしていても乗降が危険な駅。細心の注意でもって運行していただきたいものです。JRよ。

東京の事件では、2センチほどのタイヤが挟まったのをセンサーが感知できなかったとありますが、うちは、扉50センチ近く開いていたのですよ。

それでセンサーがどうこうなんてありえない。

言い訳に過ぎないのではないでしょうか。

ちゃんと確認してくれ。JR。

そんな私の祖父は国鉄員だった♪りする。

この場をかりて、あの時救助してくださった方々に厚くお礼申し上げます。

ありがとうございました。  届くといいな。

| | コメント (3)

ぞうさんクラブ~開かれた幼稚園事業より。

開かれた幼稚園事業、その2。

前回とはちがう、もう一つの新しい方の幼稚園の地域交流クラブの第1回へ、今朝行ってきました。

9時までに家事を済ませて外出!!やっとできるようになった><あたしは頑張った、うん。

おいといて。

創立して間もない幼稚園は先生もまだまだ若く、あたし的に、ーー;。

まず、荷物の置き場を指定してくれ。

でもって、声の割れるマイクは聞き取りにくい。

段取りがいまいち。内容もこれなら、児童館の~タイムと変わらん。

で、園児と共に園庭で遊ぶ時間があったのだけど、野放しかよーー;

トライアルウィークできていた中学生が、狭い園庭で園児とサッカーを始める。

どう考えたって、危ないだろ。

中学生とて子供。園児に対して責任があるわけではない。

また、クラブに来ている子供は未就園児という幅広い募集のため、4歳から~1歳になったばかりの子、下の子も連れてきているという意味ではまだ、首の据わっていないような赤ちゃんまでもが園庭にうようよしているところで、サッカーは、駄目だろ。サッカーは。「危険である」と言うことを考えないのだろうか、ココの幼稚園は。

門は開けっ放しだし。子供でるぞ。不審者入るぞ。

先生の力量はあると思う。あのごちゃごちゃした中、よくやりきったなと思う。でも、園として、安全であることにもう少し配慮すべきでないだろうか。

私が親なら、あんな中にうちの子預けたくないかも。

やっぱり、古い方がいいかな。

規律がしっかりしていて、先生もママも子供達にも、いい刺激としつけになる。

これから、どちらに応募するかしっかり見極めて以降と思う。

| | コメント (3)

読み聞かせ。

毎晩、毎晩、日課になってきた読み聞かせ。

それは就寝が遅くなろうとせがまれる。

風邪で声をからそうと、関係ない。

でも。

いい子に育ってよかったなんて思う。

そして、母は自己満足するのだ。本のある生活を子供に与えていることに。いいよね。

ちと宣伝。

大学時代の友人が絵本を出版している。

「スクスクとジャングル」 

ほうじょうもとよし作です。新風舎読んでね。

| | コメント (1)

開かれた幼稚園事業。

というのが、あるんですよ。

市の教育委員会が市立幼稚園に委託して行われている事業。

市立の幼稚園は2年保育なのですが、それ以下の年齢の幼児が年20回ぐらいですが、保護者と共に幼稚園に行って、幼稚園の行事に参加したりできるんです。ほとんど口コミのみで募集かかるので、大体30組程度で。

で、行ってきました。第1回。

通称「はるかぜクラブ」オリエンテーションも兼ねてなので、今回は2時間のうち半分ぐらいでしたが。お遊戯、手遊び、絵本の読み聞かせ盛りだくさんでした。

ちっちゃいのも一緒なので「では、ママにおんぶしてもらって~」て、言われたときにゃ、「・・・・どうやって・・・。」と、たじろぎましたが。

前と後ろに。

「はい、ママも頑張ってね~」 BY保育士さん。(--;)

実は、うち、欲張って2箇所の幼稚園に申し込みました。

幼稚園行かせる前に実際に中に入って偵察も出来るし、生活習慣改善できるし、運動会2回いけるし。

ハードな一年になりそうだ。

そういうわけで、ひろまなままさん、途中入園ではないのですよ(えへ。)

| | コメント (5)

トミカ博 in大阪南港

2日、トミカ博!!!Photo_9

正月のプラレール博に続いて2度目。

パパはGWもお仕事なので、ママのお友達(29歳独身)に付き添ってもらい、JR快速、JR大和路快速、地下鉄、モノレールを乗り継いで、大阪ATCホールへ。

昔から物好きな友人でしたが、「女一人ではいけないイベントの一つだから」とつきあってくれた。感謝。

で、チケット買うともらえる記念品が毎回嬉しいのだけど、今回は???(?_?)ですよ。

070503_0944 車ですかね。これは・・未来過ぎて子供うけしなかった。もっと身近な形のがよいよ。うん。

ま、前回は人が多くて「おうちかえろ><」ってべそかいてたにいにいも、今回はちょっと楽しんだ。

Photo_10 「トミカの組立工場」(有料)はにいにいも自分で作れることもあって、今はお下がりだらけであんまり大事にしていなかったトミカたち(60台ほどある)ですが、これからはちょっと大事にしてくれるかしらなんて期待してみたり。

写真は身長が低いにいにいのために画面上のテーブルでは作業できないからと、係りの人が出してくれた臨時のテーブル(^^;)トミカ組み立て中です。

でも、やっぱり、トミカは自分では動いてくれないので、プラレールの方が好き。

今回は貨物列車と、普段は取り寄せになる電車の交換パーツと、郵便車と、緊急車両セットをお買い上げです。今月もくるし~(><)。

| | コメント (3)

蓄膿症

30日はばあばの誕生日。

GWで混んでる電車で明石へ。

貧乏なのでガーベラの小さな花束と、ショートケーキでお祝い。

今年は「おめでとう」ってにいにいちゃんと、お花渡せました。成長した~(:_;)

1日平日なので病院めぐり。

皮膚科と耳鼻科と小児科と行きたかったんだけど、皮膚科は4件行っていづれも休診。小児科は時間的に断念。耳鼻科は3時間待ち。

小児科はちっちゃいのがまた、卵アレが出たので相談に行きたかったのだけど諦めて、1ヶ月近くよくならない不眠と鼻のごろごろした感じが気になっていたので、近くのやぶ医者でなく、あえて、大人が行くとめっちゃ高い診療代かかる、設備の整った高級感溢れる耳鼻科へ。

どの変が高級かというと、待合室に置かれた高級オルゴール。しかも、それを置くためにわざわざ取られたスペースがすごい。立って待っている人に譲って欲しいわ。

でもって、診察室には絵画が飾られていたり。

エステサロンじゃないのだがね。

で、結果。蓄膿症。

・・・・やっぱり。

これからしばらく、鼻水との格闘です。

通院も・・。

金運招き猫は少し効果あったようなので、もう一匹、黒の招き猫置こうかしら。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »