« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

山道の運転。しかも。

我が家の愛車はホンダの軽「ザッツ」。

前はフォレスタだったけど、原油価格の高騰により、去年燃費のよい車に乗り換えた。

最初軽のガソリンって軽油だと思っていた私。

ガソリンスタンドで軽油注文して、店員さんがまじめに訂正して教えてくれた。きっと、笑顔の裏で驚いていたんだろうな。

そんな、訳で、軽は運転が楽。

で。最近乗り回しているんだけど、このご時勢。

母の叔父(私から見るとなんていうの?)に会いに盤滝トンネルを抜け、有馬を抜け、花山台の病院まで。

猛烈な雨の中。走りなれない道を。日も暮れた夜。該当のない山道。

そこに。・・・霧。><

「何かあっても、あんた達だけは助け出すからね!!!」なんて言いつつ走る。

なんか恐怖を感じたのか、こちびが変な泣き方するし。

お墓や寺の間抜けてく道だし。

怖かった。

私の運転史上ワースト5に入る怖い運転だった。

紹介しよう。

ワースト4。大渋滞の高速道路。しかも2車線から1車線への減線地点で、バッテリーが上がり、電気系統が異常。何とか進んでいたが、ライトがつかないために、私に気付かずに隣から大型トラックが幅寄せしてきて側面衝突。

3。友人との真冬の奥飛騨旅行。免許のない友人を乗せ、レンタカーで地図を見ながら宿へ。その日はたまたま歴史的積雪の日。突然降り出した雪の中、高さ4メートルの雪道を後ろの地元の車に煽られながらの走行。

2は、叱られるので、公表は控えます。

ワースト1。甥っ子二人を乗せあま湯からの帰り、異常気象による、猛烈な雹が突然降った。一瞬で視界ゼロ。

ランク外に、八尾の軽一台切り返すのもやっとな道を、大型のワゴンレンタカーで隣で地図を見ながら案内する人の言うままに、何時間も走り続けた初心者マーク時代。

みなさんは安全運転してくださいまし。

あー無事帰れてよかった。

| | コメント (0)

ザウルスと、図書館。

月2で図書館へ本を借りに行きます。

以前は、ベビーカーで寝ていてくれたこちび。

最近は。

ベビーカーに乗っていてくれない。

すぐ、下車。

歩く。

それも、行って欲しくない方へ。

本棚の本を漁り、気に入った本を手に取り、好きなところへ行って読む。

一人読みは危険なので、追いかけるのに必死。

にいにいも、最近は近くにいてくれない。

二兎追うものは一兎も得ず。

本を選ぶのもかなり神経と体力を消耗することに。

年かしら・・・。(最近なんでもコレ。)

| | コメント (0)

ちょっと、泣く。

試験が終わったら。ツレ(旦那)の国家試験が終わったら。

という話がでて。

ツレは同僚(一緒に試験受ける人)とスノボーに行きたいと。

がっかりだよ。

私なりに、試験終わったらその日の晩はお酒のもうとか、どっか家族でお出かけ(予算が許す範囲で><)しようとか、ゆっくりTV見させてあげようとか、いろいろ思っていたのに。

同僚と遊びに行くんだ・・・。

みたいな。

パパが勉強するために、頑張ったり我慢したりしているのは、パパだけではない。

ザウルスたちももう長い間、家族で素敵なお出かけはしていない。あたしが一人でここのとこあがきながら連れ出してきた。

お風呂も寝かしつけも、ホントはパパも一緒がいいザウルスたちを無理やり我慢させているのに。

家族よりも、仲間の方がいいんだ。

ふっと、涙が出る。

もう、諦めようかな。ツレに期待するのは・・・。

私が馬鹿だったな。

私は、

私が逆の立場なら、どうしたいだろう。

家族で温泉とか、遊園地とか、だな。

なんか、くやしいな。

自分の趣味とかない。私だけでしたいことってない。ザウルスが大きくなったらって思っていることはたくさんあるけど、今、ザウルスず放っといてしたいことってない。

あるとしたら、深い暗い海に落ちていきたい。

落ちてしまってはいけないので、ブログに書いて気持ちを紛らわせてみた。

| | コメント (0)

トゥーンタウンオンライン

最近はまっているもの。

それがコレ。http://toontown.disney.co.jp/?

日ごろのストレスをここでぶつけています。

忘れたいことも全部置いておけます。

フレッツ加入者なら無料。その他のかたでも有料で参加できます。

ぜひ。

たのしいですよ。

・・・・なんの宣伝だか。

| | コメント (0)

三十路突入。

え~。

題の通り、昨日三十路デビューいたしました。

若き20代よさようなら、三十路の皆さんおじゃまします。

30になるって、あらためて、おばさんの枠に入ったって気がします。

あ、ながく30代の皆様失礼ーー;

いや、でも、19から20になった時の「あ、大人になるんだ」ってときめきと違い、29から30になった瞬間って、「もう、だめだ」って諦めに襲われてるのって、あたしだけじゃない、ハズ。

ま、とにかく青臭い大人はあきらめて、素敵なおばさんになれるよう、頑張りたいと思います。

三十路航路、出発。

この30年、ハチャメチャだたけど、今度こそ、幸せな10年でありますように。

| | コメント (3)

トイレで。

おなかが弱いザウルスずの体調バロメーター、うんち。

毎度、毎度、大のあと必ず聞くのだけど。

あたしが聞きたいのは、柔らかいか硬いかころころか普通のかって事なんだけど。

私「どんなのでた?」

にいにい「わにさんのウンチ!!!」

・・・・・・どんなのだ????

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »