« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

やっぱり。

バイト入れときゃよかった。

掃除できなくても、年賀状できなくても、バイトに行っておけば、

一人で泣かなくてすんだだろうに。

正月は、めんどくさい。

双方の実家(?)に挨拶に行かねばならないという、強迫観念。

行きたくなくても、行っても辛いだけなのに、行かなければならないという性。

スケジュールの調整。

行ってもどっちを先に行ったとか、明日はどちらと一緒に過ごすとかで、嫌味を言われる苦しみ。

もう、耐えられない。

子どもを振り回すのも可哀想だし。

旦那に気を使うのも母に気を使うのも義母に気を使うのも親戚に気を使うのも、

もう、嫌なんだよ。

正月、そっとしておいて欲しい。

もう、嫌だ。

。。。

旦那が休みに入って以降、なんとなくギクシャクしていましたが。

さっき、「義姉(姑がそちらで年を越すので)のところに夕方から行って泊まるから準備して」

と言って来た。

喧嘩を売ってるのか、それとも、あたしに楽させたいのか。

でも、ほんとに泊まりは嫌だったんだ。

だから、「あたしは行かない」と、言ったので。

旦那、ザウルスず連れて、義姉のところに行ってしまいました。

じゃ、あたし一人が自分の実家に行ってよいかというと、必要ないだろう。

あたしが会いたいわけでもないし、みな、ザウルスずがいるから、和むだけで。

あたしは、要らない。はず。

期待をさせれば、落胆させることを恐れる。

最初から期待させずにいられれば、重たいものを負わずにすむのに。

。。。

まだ、お風呂の掃除がすんでいないけど。

まだ、倉庫の整理がすんでないけど。

カニやおたまや金魚のの水槽の掃除がすんでないけど。

新しい服に手を通してないけど。

ピアノ弾きたいけど。

おせちの材料買って、にいにいと作ろうと思っていたけど。

ツリーしまってないけど。

プラレール博行こうと思っていたけど。

・・・・・・。

消えてしまおうかな・・・。

消えてしまおうかな。

| | コメント (3)

喧嘩。またまた。

掃除の間のピリピリしためんどくさいムードはおいといて。

やっと食事にありついて

レコ大を観る(←考古学の方が見たかったのだけど、ザウルスにさえぎられる)。

作詞賞  御徒町 凧 「生きてることが辛いなら」森山直太郎

話題になった歌詞 縦書きの方がよいので。

http://www.naotaro.com/special/ikite_ly.asp  (拝借)

これで、旦那と喧嘩する。

いや、あたしはどうせまた言い争いになるだけで、喧嘩するエネルギーは持ち合わせてないのでやめたかったのだけど。

噛み付いてくるから。

歌い手自身が、「100人聞いて99人がいいと言ってくれても、1人がネガティブな受け取り方をしてしまうのは、望んでいない」 と騒動について話しているのに。

「この歌詞をいいと思う奴は殺人者だ」とまで、旦那に言われた。

いい、とは言ってないんだが、悪いとも言ってないだけなんだがね。

すべての人がマルをつける問いかけはない。

すべての人がバツをつける問いかけもない。

言葉はすべてではないし、歌もすべてを表現したりはしない。

そこに、それを見て聞く人がいてはじめて表現が成り立つのだから、他人が存在するところに、100%はありえない。

だからといって受け取る側の問題だと片付けるものでもない。

ただ、これを聞いて「素直に、いろんなことを思える」それだけでも、いいんじゃないかと思う。

・・・。

思想を押し付けられて、旦那に、言ってはいけないことを言ってしまう。

「あなたといてもたのしくない。」

「あなたとあたしはまるで感じ方が違う。だから、それでいいじゃない。」

歩み寄る努力はしたけれど。

一緒にいてたのしいと思える人に会ってしまったから。余計に。

旦那との距離を生める努力をすることに疲れてしまったのに、今更、無理やり引っ張らないで欲しい。寄れば寄るほど違いに苦しむだけだから。

家族ごっこに、疲れてきたよ。

家に閉じ込めたりされなきゃ、少しは、この気持ちから逃れることができるのに。

自分の気持ちに向き合うことが増えるほど、つなぎとめてる家族との糸が切れそうになる。

家族であることも、必然ではなく、努力によるものなのだと、改めて思う。

その努力に虚しさを感じてしまったら、責任とエゴだけになってしまい。

自分を見失うだけで、行き場のない思いだけが彷徨い始めてしまう、年末。

だから、誕生日と正月は仕事しておきたいんだってば(><)

| | コメント (0)

大掃除の覇権。

愚痴っす。

旦那、むかつく。

大掃除は「家族の行事」。

あたしが言うので手伝ってやってる的なその態度はなんだんだ。

子どもさえいなければ、ほんとに、邪魔。

文句言うなら、外へ行って3日帰ってくるな。と思う。

3日で一人で掃除するわよ。

ていうか。

別れてくれ。

と思わずにはいられない、大掃除の日です。

| | コメント (0)

年賀状の書き分け。

今頃?です。

やっと、年賀状を書くための準備が整いました。

何がって、住所録を修正し、もう縁を切る人を見極め。

で。

種類分け。

今年は旦那の親族に不幸があったので、基本親族と喪中が届いた方には寒中見舞いを出す。

あとは、年賀だけど。

私的に。

写真入の年賀状って、手軽だけど、欲しくない人もいるよね。

特に子どもの写真入り年賀。

基本、子どもがいない・結婚していない・子どもに会わせたことがない・の3点の条件に当てはまる場合は、写真入でない年賀を作って送る。

で。

写真入の年賀というのが、2種類。

無難なイラストの年賀と、ひとつひとつ凝る年賀。

あたし、一応美術科専攻だったので、送られてくる年賀がみな、手書き・・・。

手をかける人に、出来合いのイラスト入り年賀を送るわけに行かず、手書きで返す。

ので。

毎年100通前後をまず、どのタイプの年賀で送るか仕分けるのが最初の作業。

今日、やっとそれができた。

明日からは、写真入とイラスト入りの年賀をPCで作るのと表の印刷を同時進行。

で。

年の暮れぎりぎりに手書きを始めることになりそうだ。

間違いない。

今年も絶対間に合わん。

だって、今年は、

幼稚園のお友達っていう新たな強敵が待ちうけているのだから・・・。

名簿をもらえない昨今、まずは住所を聞いておくことからスタート。

でも、明日が終業式。

間違いなく。

着たのに返信するので精一杯なり。

| | コメント (2)

サンタの準備。

子供の頃に親がサンタのプレゼントの準備をしているちょっとした奇妙な動きを見て、子どもは毎年、不信感を募らせていくものです。

かく言う私も、「この包装紙買ってたのと同じだ~」とか、「プレゼントと同じ大きさの宅配便を受け取ってたな」とか、心の片隅に引っかかるものを持ち続けていました。

だから。

ザウルスずにはできるだけ気付かれないように、準備したいわけで。

こちびに用意した、黒板イーゼルはイケアに行って、チェストと一緒に購入してお持ち帰り。

大きすぎて小さなザッツに無理やり載せたので、覚えていないといいのだけど・・。

にいにいの電子ピアノ(今年は特別予算。母親としての謝罪もこめて。)

ミドリ電化で購入。

「サンタのプレゼントだから、配達の時、荷物の中身については絶対に口に出さないで下さい。」

という、わがままな注文をつけ、配達してもらう。

イブの夜まで着たの倉庫代わりの部屋に入れておこうなんておもっていたら、届いてびっくり。

でかすぎて、隠せない!!!

ブルーシートをかぶせましたが、倉庫部屋の扉を開けられたら、一環の終わりだ。

イブの夜はバイトに出る。

帰ってから、こっそり電子ピアノを組み立て設置し、イーゼルに包装紙をかけなければ、ならない・・・。

間に合うだろうか(><)

年賀状もまったく手付かずなのに~。

| | コメント (3)

サンタへの手紙。

サンタクロースへのお願いも、そろそろ本格的に決めていただかなくてはならなくなりました。

いつまでも優柔不断&適当なものを要求されるのも、大変なのでして。

「手紙を書け~」

と、決めさせるわけです。

で。

にいにいは、プラレールやトミカやバスケットボールやウクレレを申し立てておりましたが、

プラレール&トミカはお下がりが多すぎて収納不能になっているので、親の独断で却下。

正月のプラレール博でばあばにおねだりするように説得。

バスケットボールはマンションじゃできないだろ~ってことで、却下。

ウクレレ。ばあばが買ってくれるとのことで、サンタは却下。

他には・・・・・・・・。

ない。

おもちゃが有り余りすぎて基本、欲しいものがない。

多分にいにいがほんとに欲しいものはTVゲームか、お友達なんだと思う。

で、親の独断で電子ピアノってことで。納得。

こちび。

にいにいとは真逆で、一度決めたことは曲げない。

「おりがみ

いつでも買えます。て、いうか、まだまだうちにあります。

あ「他のにしてください。」

こ「やだ。」

・・・・・どうすんだ?

手紙を書かせてみる。

にいにいはひらがなで、ちゃんと手紙になった。

こちびはというと

「どんぐりころころどんぶりこ しばらくいっしょにあそんだが やっぱりおやまがこいしいと」

と歌いながら、おやまとどんぐりをおてがみに落書き

サンタがみたら、「???」だろうな・・。

サンタだからこそ、特別なものって思うのだけど、空回り中┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

靴下の中に入れた手紙を今夜のうちに回収。

サンタが持っていったことにするんですが、回収やめようかな・・・。

| | コメント (2)

家電の寿命。

今年も年度末。

え~。今年になっていくつの家電が壊れてきたでしょう。

覚えているだけでも。

デジカメ・炊飯器・電子レンジ・携帯2台(代替え機込みで4台)・電気シェーバー。

デスクパソコンと、冷蔵庫、空気清浄機、布団乾燥機は何とかなるので故障中のまま。

ミシンは諦め。

あくまで覚えているだけで。

とうとう、掃除機が。( ̄○ ̄;)!

電源はいらず。

5年を過ぎると故障。保障期間は切れていて。絶対メーカーの策略だ

また、出費。

で。腹いせに。

37型ソニー液晶テレビをどーんと購入!!

移転店じまいだそうで、展示品処分を保障込みで8万円台で。

ただの馬鹿

で。

こちびが嘔吐~。診察時間外。

昼間鼻打って両鼻から流血したし、頭だと怖いので救急へ。

無事に。胃腸風邪。

胃腸風邪で無事と思えてしまうこと自体が、麻痺してる・・・。

記事を書きつつ、看病。

寝たかと思うと、泣いて起きて吐く。

今夜は寝ず番・・・。

毎日毎日、布団類を夜中に洗うのはこりごりだ(ノ_-。)

乾かないので、日に日に4人で寝る布団の幅と枚数が減っていて、とても寒かったり

日曜の朝のにいにいの嘔吐からすべては始まったわけで。

このまま、去年のごとく、あたしも旦那もやられんのかな・・・。

| | コメント (0)

個人懇談。 母親として悩むこと。

先日、幼稚園にて、個人懇談がありました。

にいにいは、普段、幼稚園でしたことをあんまり話してくれない。

いつも降園の時、

「今日は何をした」「何が楽しかった」「お弁当は残さず食べたか」「誰と遊んだか」

と、色々聞くようにはしているのだけど。

「わかんない」・・・で終わる。

だから、懇談の場で先生に聞くいい機会だった。

で。

やっぱりというか。

「お母さんがお仕事いそがしそうなので・・・。」

はい。あとはわかりますよね。

情緒不安定なのでございますよ。

わかっていますけど。

子どもも仕事も両方大事なの。

で。

「お話を聞いていないことが多くて・・・・。」

はい。

私の言うことはいろんな意味で怖いので聞きますが、他の人の言うことは聞かないようで。

唯一。にいにいに言うことを聞かせる魔法。

それは。

「5秒以内にするよ~5・4・・・」

とカウントすること。

ま、それはさておき。

この間のサッカーにしても、

うちの子は人の言うことを聞けないので理解できないでいるから、変な子としてからかわれ、我慢できなくなり、手を出し、相手を泣かせて、怒られる。

正直。

子育てに行き詰っています。

優しい子。でも、逆に言えば、弱い。

弱い立場の子の世話やきをする。でも。自分のことは後回し。

張り切る。でも。からまわり。

からかわれても我慢する。でも。我慢できなくなると、手足が出る。

・・・・。

あたしは、人前でも本気で息子をひっぱたく親です。

その代わり、最後の最後には、守ってやることのできる強い母親であるように心がけています。

でも。

それはあたしのやり方であって、にいにいは向いていないのかも、知れません。

・・・・。

もうすぐ、サンタさんにならねば、なりませんね。

にいにいは、未だに欲しいものがはっきりしません。

今年は、電子ピアノを予定してます。

一緒に歌を歌えるように弾いてやろうと思うのです。

大きな買い物だけど。

ホントは食器洗浄機が欲しかったのだけど。

もともとない予算を全部回して。

あたし自身も、にいにいにとっても、

何か大きな変化の時期を迎えているのかも、知れません。

あたし、胃の痛みからか手足の震えや貧血が増えました。

また、限界が近づいているような気がします・・・。

| | コメント (0)

B’s BAR

「ネットカフェ難民、家に帰ってるか?」

とか、

「ネタ提供者、今日はまた、何か面白いことあったか?」

とか、

バイト先で言われます。

関西人の性ですね。毎日の生活そのものがネタ。

で、何かないか探して生きてる・・・、つもりはないけど、なんかネタにされるあたし。

実は、バイトやめて別会社に移ろうかと思ったりしてます。

今の派遣先では、あたしは「要らない人」なんだなと痛感したり。

頭数として必要なだけなら、泣いてる子どもを引き離してまでバイトする必要はないし。

・・・そんなこんなで。

悩んでいます。

で、バイト後、西宮で寄るのが「B’s BAR」。

家から徒歩2分ってとこ。

お時給の半分ぐらいで一杯ゆっくり飲めるのが嬉しい。

チャージなし。

旦那は明るいBARが好きなのに対し、あたしは暗い感じのとこが好きなので、一緒に来ることはない。

(ちなみに、旦那との馴れ初めは明るい方のBARでマスターに紹介された)

いつもは店内にあたし一人のことが多いので、マスターと話す。

昨日は、初対面の他の男性客と話して、楽しんだ。

お互いに年を探り合っていたら、同じ年で所帯持ちで、転職考え中ってとこまで同じ( ̄▽ ̄)

人生色々・・・。

| | コメント (4)

誕生日でした。

です。

ノーベル賞授賞式の日。

31になりますた。

子どもの時から誕生日に思うこと。

何事もおきない、なんにもない日になってくれ

これまで、毎年おびえながら過ごしてきました。

「何が欲しい?」と聞かれる苦痛。

物はいらない。自由だけが欲しかった。

ありがとうと受け取る笑顔の裏で、凍りついていく心が痛かった。

生きてることが苦痛だったから、誕生日なんて喜べるはずもなく。

そんな私でも。

たった一度思い出に残る一日になったことがある。

大学の時、一番好きな人と「MONO」の芝居を観に行ったこと。 

別にお祝いしてくれたわけじゃないけど、一日側にいられるだけで、幸せだった。

ま、そんなわけで。

朝から。

「お願いだから、お母さんが今日一日怒鳴ったり、叫んだりしないでいいように、いい子でいてくれ。」

それだけでいい。

が、そんなわけにはいかないわけで。

いつものように、ザウルスを追いかけ、捕まえ、怒鳴り、しばく。

┐(´-`)┌

穏やかに過ごしたい。

バイトの後輩が言った。「旦那に祝ってもらえよ」。

初めての誕生日は、とうがらしエキス入りのももひきだった。

その次は、とうがらしエキス入りの靴下。

・・・・・・そっとしておいてくれた方が、いいこともある。

今年は、小さな花束をくれた。これぐらいなら、安心。

後で、足らなくなった小遣いをせがまれずにすむ( ̄ー+ ̄)

| | コメント (4)

西宮ガーデンズ。

行きました。

オープンしたては厳しいと思っていたので、少しずらしてみました。

っていうか、突然行ってみる気になっただけなんだけど。

伊丹ダイヤモンドシティーの雰囲気をららぽーと西宮に持ってきた感じ。(って、伝わる?)

あたしの誕生日プレゼントにコートを買ってくださるということだったんで、見に行ったのだけど、

お店多すぎて、結局、知ってる名前の店だけに入ってしまう。

もったいない。

で、

最終的に買い物したのは、マツキヨとどんぐり王国だけ。

なんだかな。

ザウルスずは歩きたくない病が発症したので、物で治療する。

ペネロペの人形2体。

合計 ¥2,100-。

で、今夜は二人ともペネロペ抱っこで寝てるo(*^▽^*)o

男の子なのに・・・。

| | コメント (3)

青少年健全育成大会。

う~ん。

たいそうな名前。

なんだろうと思いきや、ちょっとした地域の学芸会兼クリスマス会。

日曜日バイトの多忙日とかぶったので、出番だけみてすぐ、出勤したのだけど。

中学校生、小学生と幼稚園児の歌や合奏、和太鼓、吹奏楽なんかの演奏会でした。

1時間のプログラムの中で、にいにいの出番は1曲だけ。

ずっと、「何歌うの?」ってにいにいに聞いていたのだけど、

何分、本人がなんのことやら判ってないので、

「?????」のままだった。

だから、

前の晩から「明日、お歌の発表会だよ」と教えていたのですが、

朝、登園前にも「発表会だよ~」って言ったら、

に「発表会って何?」

あ「たくさんの人の前でお歌、歌うのよ~」

に「何を歌うの?」

それをあたしにきくなよ・・・。

このころの子どもって、自分に起きていることを整理できてないのかしら。

それとも、

にいにいがぼ~としているだけなんだろうか。

今朝。(昨日あたしの帰宅は午前様だったので)

「昨日、お歌楽しかった?」と聞いてみた。

に「カーテンがね、ひらひら~って・・・」

「で?」

に「OOくんがドアでば~ってなってね」

「で、みんなの前で歌ってどうだった?」

に「カーテンがね。」

ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

にいにいの頭の中は

お歌<緞帳<誰かがふざけてた

| | コメント (2)

ネットカフェにいます。

前の日は、バイトから帰ってくると内鍵(チェーンのような)がかかっていました。

12時前。急に気温が下がってき始めたあの日。

チャイムを鳴らしても、旦那の携帯に電話しても、返事がない。

ドアの隙間から呼ぶも応答なし。

コンビニや深夜2時までのBARで過ごし、連絡を待つ。

で、明るくなってから、帰宅できた。

そんなわけで、完全徹夜で眠たいのに、

今日は、バイトから帰宅途中に「至急電話しろ(怒ってるマークが4つ)」。

電話したら、「思い当たることがあるだろ」から始まって、なかなか言わず、やっと「シャンプーだよ」って言うんだけど、やっぱりわからず。

何でも、シャンプーの詰め替え用のが開いてて、中身が出ていたらしいのだ。

でも、「身に覚えがない」

て、言ったら、あーだこーだと状況から判断してお前しかないという。

ほんとに身に覚えがないので、謝らないでいたら、素直に謝れななどというから、

「今日は帰らない」

といったら、帰ってこないでいいって言われた。

そんなわけで、今日も、朝まで帰れず、ネットカフェにいるわけで。

びみょ~に肌寒い。

体調悪いからかな。

あ~眠い。

明日は幼稚園。弁当あり。日曜なのに、学芸会みたいのがあって。

眠いよ~。

あしたもバイトあり。

眠たい。

働けるかな・・・・。

| | コメント (2)

一難さってまた一難。

こちびの夜きょう症から開放され、ほっとしたのもつかの間。

深夜、訃報が飛び込んでくる。

3日前から胸騒ぎはしていたけれど。

よりにもよって、バイトの多忙日と式の日取りが重なる。

働きに行きたい。

最近、お金の為に働いているのではない、私がいる。

家にいるより、家族と過ごすより、バイトしている方が、楽しいのだ。

なんでだろう。

家から逃げ出したい。

保育所を当たってみる準備をしつつ、何故そこまでしてバイトに出るのかという、自問自答に脅かされる。

この週末が30歳最後の仕事になる。

そこで休みたくないという、私のわがままがある。

「いずれ保育所に預ける日も出てくるそのきっかけになる」と言い訳する自分がいる。

足の痛みもひかないし、よせばいいのかな・・・。

大事なものは何か=子ども。

夜きょう症の原因とにいにいの情緒不安定の原因=あたしのバイト。

一体あたし、どこにいくんだろう・・・・。

| | コメント (2)

夜きょう症

インフルエンザの前後から、こちびの夜きょう症に苦しんでいました。

最初はタミフルの服作用と思っていましたが、4日経っても5日たってもダメ。

寝入り後間もなく、寝ているのに叫ぶ・激しく暴れる・泣く・痛みを訴える・・・。

その間ずっと「ママ、ママ」と泣き叫ぶので、眠れない日が続き。

歯軋りが闇の中カタカタと聞こえるし。

あたしが限界だったあの日以前からそれはずっと続いていたわけで。

医者に夜きょう症とはっきり診断されて、気が少しは楽になりました。

だって、インフルエンザ脳症とか脳挫傷とか、悪い病気の名前ばかりが頭の中をぐるぐる。

風邪で鼻がつまっているせいだとか、おなかがゆるくなっているからだとか、自分に言い聞かせるんだけど、不安は不安で。

不眠と疲労で、薬でもたせていた体も、精神的にぎりぎりでした。

昨日今日、やっと、改善されたようで、すやすやと眠ってくれてます。

これで・・・眠れる・・・というより、仕事ができる・・・。

ていうか、仕事しなきゃ。

家事も。(ノ_≦。)

| | コメント (2)

学級閉鎖→クリスマス会

にいにいのクラスが学級閉鎖になりました。

その日は未だすっきりしない風邪のため、医者に行ってから登園しました。

10時前に登園、そのままこちびを向かいの公園をはさんだ病院へ。

診察後、公園通過中電話が。

「学級閉鎖なんで、お迎えにきてください。」

10時半。お迎え( ̄▽ ̄)

にいにい、園にいたの一瞬。

3日間の学級閉鎖。子どもが暇じゃ。

で、再来週に予定していたクリスマス会を急遽今日に。

にいにいのGFにうちに来ていただいて、クリスマス会。

といっても、普段の遊びにランチとケーキが追加されただけ。

去年は風船ゲームとか宝探しゲームとか用意したけど、今回は、なんもなしで。

急すぎて( ̄Д ̄;;

ごめんなさい。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »