« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

朝の混乱。

朝の警報。
登校班の出発時間は、8時45分。
校区のはしっこだから近所の中では早い。

終業式だが、前日に通知表や上靴などは持ち帰り、すでに夏休み気分。

朝の警報…。
警報だ♩ 寝る~って、なるか、
警報だ♩ 遊びにいってくる(ダメなんだけど)、って、なるだろう。
いや、ちゃんとしたお宅なら、9時までTVとにらめっっこしながら解除を待つんだけど。

うちは、「寝る~(--)zzz」
っふと、目が覚めて、警報チェックしたら、解除されている( ̄◇ ̄;)
家が近くて、8時過ぎに出発のところは、通常どうり登校できるけど。
7:58の解除は、迷惑じゃあ(*`へ´*)
慌てて起こして、登校&登園。

道すがら、「解除やで~。学校あるで~」と、虫取り隊に声をかけ…。
我が子を探す、おかんを発見したり。
うち同様、子供を送っていくおかんのほとんどは、うちのマンションの人ばかりで。
「二度寝してたらさぁ、解除されててびっくり^^;」
どこも一緒。
虫取り隊だった子供達に追いつかれつつ。

幼稚園は、10時半まで。
さっき送っていったばかりなのに、お迎え。
買い物していたら、知り合いの小学生発見!!
にいザウルスも下校したのかと、焦っていたら、
ちびザウルスの制服姿を見て、
「え、幼稚園あったの?」
と、その子の母親に(顔見知り)聞かれたので、
警報が解除された話を…。
「今まで寝てたわσ(^_^;)。そういえば、電話かかってきてた気がする…」
……多分、今頃先生が、迎えにきてるんではないかい?
Σ(・□・;)
……気象庁さま。警報の解除は、7時から9時までの間にするのはやめてくださいまし。

| | コメント (0)

子供達の忘れ物。

にいザウルスは、忘れ物が多い。
紛失も多い。
どこにいっても、忘れ物大王の名を欲しいままにする。
サッカーでの最近の防御策は、一番最後に帰る。
みんなが帰ったあとなら、残っている品々を全部持ち帰れば、
忘れ物はない訳で。

帰り。
「お母さん、喉渇いた〜」
私「お茶飲めばいいじゃん」
「だって、水筒がないんだもん」
(ーー;)・・・先に言えってんだ〜!!!
誰かが間違って持ち帰ったあとだった。
けど、間違えて持って帰ったのなら、その分水筒が一本残っているはずなのだけど。
ない。

重たいのに、2本持ち帰ったのだろうか…ご苦労なことだ(⌒-⌒; )
にいザウルスは、自分のズボンの上に、他人のズボンを来て帰って来た事があったけど(T_T)

子供って、な〜んで、それを間違うかなって、事が、ある。
練習のあと、ボールが残っていて、名前が書いてある。
帰り道なので、届けたら、彼の鞄からは、
色も柄も全然違う、他の子のボールが出てくる。
じゃあ、その間違えられたボールの持ち主は、
ボールの探してなかったぞ。一体誰のを持って帰ったんだ?
一個残っていたのだから、誰かが、
俺のボールがな〜い!って、探してなきゃいけないんだけど。

翌日の練習で、何事もなかったように、
それぞれのボールが持ち主に返っていました。
俺のものはお前のもの。お前のものは、俺のもの?

| | コメント (2)

悩む。

我が子はかわいい。
でも。
我が子だから、情けなさもドンとくる。

にいザウルス、育児放棄したい。
もう、ムリっす(T_T)
性格は、カッとして手を出すし、自分は悪く無いっていつも思っているし、
天然だし、ボーとしているし……………はぁ・・・
頭は悪いだろうさ。もう、諦めたさ。
せめて、人並みより、ちょっと低めぐらいなら、許そうと思っていた。
運動も全くダメ。
せめてサッカーぐらいはと思っていたけど、それも、必死でやって、
レギュラー落ち。3チーム中のCランク。

1学期も終わりに近づき、補講がきた。
水泳だけならまだしも、勉強まできた。

もう、この子は、捨てたい、と思う。
多分、普通のおかあさんより、勉強は見てきたのに。
情けなくて、腹立たしくて、これ以上、どうしてやったら、いいのか、
もう、わからない。

私が、母親でなければいいのか、と、思う。
中の下ぐらいでで、いいやと思ってきたけど、
下の下では、手のつけようがない。

私が、悪いんだ。
こんなに苦痛なのに、子供なんて、産むんじゃなかったな。
私自身が、生まれてくるんじゃなかったな・・・。

月の光じゃ、もう、癒されないんだ。

| | コメント (0)

セミの脱皮の観察。

一昨年、夜中、で歩きまくっていた私。
この時期の夜中は、セミの脱皮を色々なところで見て、
感動してました。
そこで。
一度は、ザウルスに見せてやりたいと、
去年とから企んでいたのですが。
去年は脱皮前の幼虫に出会えず。

で。
今年。
夕方6時ごろに、買い物帰りに、今年初の抜け殻を発見。
ちびザウルスは高いところにいる、成虫を発見。
今朝はまだ鳴き声を聞かなかったし、月の感じから言って、
今夜はチャンスだなと、
去年と抜け殻をいっぱい発見した公園へ。
蝉穴発見!
中を覗くと、いましたΣ(・□・;)
一度は家に帰り、蚊除けスプレーをして捕獲へ。
穴から出るのを待つこと30分、
結局、ちびザウルスが引きずり出しました。
ゴメンね。

カーテンにとまらせて、観察(^_^)
コパアメリカを見ながら、セミの脱皮を見る。
なんだかな。

午後8時半、脱皮、無事成功。

二年がかりのプロジェクト、3時間弱で完結です( ̄▽ ̄)

| | コメント (0)

気をつけてね。

女手一人で、息子2人をプールへ。
目的は、
泳げないにいザウルスを、
夏休みの水泳補講に引っかからない様に、
一日特訓する為。

本当は、父親にして頂きたいのだけど。
にいザウルスは、基本、
鬼のおかんの指導が、どうやら一番すんなり入るようで。
しんどいけど、私がするしか仕方のないのであります。
元旦那曰く、
「俺が言っても、聞かない」

突貫工事でしたが、とりあえず、
自分の力で潜るのと、けのびは、クリアさせました。
明日の学校、プールによる登校拒否は避けられるかしら。

夜、牛乳を切らしたので、コンビニに行こうと、
夕食中のザウルスに留守番を頼む。
チビザウルスは「行ってらっしゃい」
にいザウルスは「きをつけてね」
と言う。

実は、昨日ザウルスが父親と面会している間に、友達とのみにいって、
店で潰れました。
めっきり弱くなって。
迎えにきた元旦那とザウルスは、またか、と思ったらしく。
3日前から軽い熱中症だったし、ダイエットで1週間ほとんど食べてなかったし、
色々することがあって、2週間ぐらいほとんど寝てなくて。
ザウルス「なんで、おでかけしたん?行かなきゃいいのに」
ごもっともでございますです。
だから、「気をつけてね」と言われる訳で。
監視されてます(ーー;)

| | コメント (0)

49日法要。

だったです。
祖父の。

悩みや寝不足の疲れもあって、位胃がキリキリ痛みます。
明日の幼稚園の弁当のことまで考えて、さらに、胃が痛みます。

それはともかく。

人が亡くなると、遺産相続という、面倒な問題が出てきます。
是が非でも欲しいという欲はないので、どうでも良くなるんだけど。
相手に譲るつもりでいても、相手から、もちろんいらないよね、と言われると、
それはちょっと…って、思ってしまいませんか?

相続には、どれだけ遺言で制限されていたとしても、遺留分というものがあります。
相続放棄しても、遺留分放棄とはならないちょっとした聖域。
その分を説明もなく、なんにもなくてもいいよね、と言われると、
そりゃちょっと酷いんじゃ…って、なるんですね。

遺言書にはすべてを伯父にとなっていて、
だけど遺留分はどうしますかと尋ねられたら、
充分です、放棄しますときっと、快くお答えしたのだろうな…。
あ、私がじゃ無いですよ。

| | コメント (0)

レギュラー落ち。

にいザウルスの実力では、トップチームは無理だけど、
一年一緒にやってきた仲間からも抜け落ち、
新しく入ってきた子に抜かれ、
Bチームへ落ちてしまいました。
多分、このまま入れ替えもないので、
例え、来年伸び時期がきても、このままなんだろうと、ため息をつくばかりです。
このまま、捨て駒です。
合わない、と思いながら、見捨てられてる、と思いながら、
辛抱して食らいついてきましたが、
限界ですね。

行方不明事件の前後からの寝不足に、
辛い現実もあって、
正直、壊れそうです。

頭は悪い、運動もできない、
唯一、サッカーが何よりも大好きな子に、
サッカーも赤点つけたら、何が残るんだろう・・・

このままにいが落ち続けるなら、
自分の期待や愛情が全て、下の子に傾いて行きそうで、怖いのです。

元気でさえいてくれたらは、きれいごと。
なんの可能性も能力も見出せない子の為に、
毎日身を削る様な思いで、大嫌いな家事をするは、もうたくさんだ。

生きる事も面倒くさい・・・・。


| | コメント (3)

自分の性格。

O型です。
典型的な。

おおざっぱ、です。
なので。

本番の進行なんかはアドリブやその時の状況に合わせられるよう、
幅を持たせておくタイプです。

考えてない訳じゃ無いんだけど、
全部決めておいて、決めた通りにはできないので。

細かいこと聞かれたり、詰めを迫られると、
…ごめん。
そっちはそっちで任せるよ~、こっちはテキトーにやっておくからさ、
って、なる訳で。

ちゃんときちっと全部決めておくタイプの方には、
どれだけいい加減に見られるんだろうか…


| | コメント (0)

サッカーの当番。

お当番が嫌で、お母さんが子供にサッカーをやめさるから、
という、理由で、
練習のお当番がなくなった。
子供の手当や、お茶の補充が仕事だった。
何もなければ、座って見ているだけ。

なくなったのはいいけど。
可哀想なのは子供達なのだ。

お茶がなくなることは持ってくる量を増やせばいいだけだけど。
怪我は、仕方が無い。
夏場は、暑さに負ける子供もいる。
やっぱり、手当は必要だ。

しかし、コーチは60人以上を二人で見ている。
これでは、人でが足らないのだ。

チビザウルスが心配で見ているだけだけど、
何人かの手当をする。
用事があって、帰ろうとすると、
「すみません、しんどいです」
「つき指しました~」
「頭打ちました~(T_T)」
子供達は、当番がなくなったことを知らない。
帰れないんですけど。

このままで、大丈夫なんだろうか…。

| | コメント (0)

ママ、おかん、おかあさん。

去年学校のサッカーの試合のときに、
「ママ!」と叫んで私んこ飛びつくにいザウルスを見た同級生に、
「え、今もママって、言ってんの?」と言われて以来、
にいザウルスは私をお母さんと呼ぶ様になった。

対して、チビザウルスは私を名前で読んでくれる(T_T)
迷子センターで母親の名前を問われてわからなかったことが原因だ。

おいといて。

にいザウルスの筆箱に、鉛筆や筆箱を大事に使うようにと、メッセージを書いて入れた。
「おかんより」と書いて。
ところが、にいザウルスは
「おかんって書かんといて」と、訴える。
どうせそのうち偉そうに呼ぶようになる癖に、
おかんはダメなんだそうで。

あ、そうそう、そのメッセージですが、筆箱の中身いつも散々なくしてくるくせに、
その小さな紙を大事に筆箱に保管してるんです。
捨てようとしたら、怒られた。

かわいいやつだ。


| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »