« 2011年11月 | トップページ | 2012年5月 »

2011年12月

イブなのに

やる気が出ない。
ご馳走作る予定だったけど。
ケーキ食べて、クリスマスソング歌って。
光るものいっぱい飾って。
それが。

サッカーのママ友達に、「ムカついた」と言われ。
抜け殻。
言いたかったことは、「おたくの息子さんは、精一杯頑張って力を出し切っていた。一位を守ってすごい」
なのに、「おたくの息子さんは最後のコーナーでいっぱいいっぱいで走っていた。うちの子は余力があって、ちゃらちゃら走っていた。もうちとちゃんと走って欲しい」と言ったものだから、
相手は「ちゃんと走っていれば、うちの子より早いって言いたいん?うちの子はその程度しか力が無い」ととったらしく、
怒ってしまわれた。
「そら、誰だって、自分の子はもっとできるって言いたいだろうけどさ」と。
でも。
違うんだ。
うちのは出来が悪くて、何させてもダメで、ホントに泣きたいぐらい情けない息子だと、本気で思っている訳で。
気がおかしくなりかけている時は、ホントに、息子殺して自分も死のうかと思うことだってあるのだから。
単に、めいいっぱい走って結果を出していたそのお子さんが羨ましかっただけなんだ。
言葉が足らなくて、間違った言葉を使って、嫌な想いをさせてしまいました。
死んでお詫びしたいわ。
死んで楽になりたいわ。

死にたい。
やっぱり、生きてるんじゃなかった。
そんな今日はクリスマス・イブ。
ザウルスたちを喜ばしてやりたいのに、何にもできない私がいて。
やっとのことでサンタのプレゼントを用意する。
そして、今日を笑顔でのりきれなかった母の弱さを、眠っているザウルスに謝るしか無いです。

| | コメント (0)

警察って、事なかれ主義。

西宮浜で猫の死体を見つけました。
海に浮いていたんです。
金網のカゴ状の様なもの(貝採りの仕掛け?)に入れられて。
カゴは二本のロープを繋いで、ヨットハーバーの柵に繋がれていました。
通報しました。
だって、虐待でしょう。
違いますか?
やって来た警官は「仕掛けられた網に、猫がかかった」と言うんです。
毎週来ていますが、そんなカゴも、ロープも普段はありませんが。
「猫に外傷は無いから。」
当たり前でしょう。カゴに入れられて冬の冷たい海で水死させられてるんですから。
のら猫の事故死にしたい様でした。
無線で本部にこう言ったんです。「死体の処理でいいですか?」
本部は写真を撮る様に指示していました。当たり前です。
近くの公衆トイレに若者がたむろして喫煙飲酒していた形跡があります。
それも、無視です。

事件が起きれば偉そうに動く癖に、防犯は全くしないんだ。

下着泥棒の時も、盗まれたほうが悪いと言わんばかりだった。
友達が通り魔に切りつけられた時も、改札口で起きた事件だからと、鉄道警察と交番でどっちが動くかはっきりしないままだった。
露出魔を訴えても、何もしてこなかったのならと、現場にも来なかった。
子供の時私を襲った強姦犯は未解決。

ノーヘルの単車のお姉ちゃんや、歩行者のいない事故の少ないところでネズミ捕りやってないで、
ちゃんと味のある仕事しろってんだ!!!

| | コメント (3)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年5月 »